【仙台市】天然ピンクダイヤモンド希少価値の高い理由とは?

投稿日: カテゴリー News, ダイヤモンド, ピンクダイヤモンド, 婚約指輪(エンゲージリング), 結婚指輪(マリッジリング)

さて、本日は天然のピンクダイヤモンドについてのお話です。

世界中の女性に愛され続ける、

人の手(人為的な色の変化を目的とした加工)が施されていない

自然のままのピンクのダイヤモンド。

巡り合う確率が大変少ないことから「運命の象徴」石とも呼ばれています。

そして、

ピンク色になる理由もいまだに解明されていないとても神秘的な宝石です。

しかも、石言葉が「永遠の愛」、「完全無欠な愛」などの意味を持つ

とってもロマンティックなピンクダイヤモンド。

女性らしさの象徴でもあるピンク色は

いつまでもパワーを与えてくれる色でもあります。

世界中の天然ピンクダイヤモンドの産出のほとんどを占める

オーストラリアのアーガイル鉱山においても、

その採掘量は年々減少しており、2020年に閉山となり、

ますます希少性が高まっています。

ピンクダイヤモンドの中でもファンシークラス以上のピンクの色彩が強調されたダイヤモンドは、

世界でもアーガイル鉱山のみ採掘されます。

このアーガイル鉱山の露天掘りも1983年より行われてきましたが、

ピンクダイヤモンドの供給鉱山が2020年に閉山されました。

鉱山が閉山してしまったため、すでに供給されているのみの流通となり、

今後、ピンクダイヤモンドは手にはいらないものになってしまう

という見解が強いです。

アーガイル鉱山は、2002年に閉鉱する予定でしたが、

ピンクダイヤモンド人気が高まり引き続き採掘がおこなわれるようになりました。

莫大な費用をかけて地下採掘をしましたが、

徐々に採掘が困難になり、2020年をもって採掘を終了いたしました。

新たな鉱山が発見されない限り、

ピンクダイヤモンドが採掘されるということがありません。

今後は、さらにピンクダイヤモンドの価値が上がっていくことが予想されます。

ダイヤモンドの総算出量の中から、ピンク色のダイヤモンドに出逢う割合は、

およそ「20万に1つ」。

天然ピンクダイヤモンドは、ふたりの愛の証へと至ります。

世界的な鑑別機関であるGIAもピンクダイヤモンドについて記事にしています。

https://www.gia.edu/JP/gia-news-research-swan-song-argyle-pink-diamonds-close-hand

 

 

結婚指輪・婚約指輪・ダイヤモンドプロポーズのための

下見やご相談を随時受け付けております。

当店はおかげさまで、

宮城県仙台市はもちろん、青森県、秋田県、岩手県、福島県、山形県からも

わざわざご来店いただくお客様が多数いらっしゃいます。

ご来店予約はこちら

インスタグラムはこちら

 

☆11時のティータイム仙台店の場所はこちら☆



宮城県仙台市で、婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)、 ダイヤモンドをお探しなら、JR仙台駅より徒歩14分、JR仙石線あおば通駅・仙台市営地下鉄南北線広瀬通駅・せんだい市バス電力ビル前駅より徒歩7分・仙台市営地下鉄東西線青葉通一番町駅南1出口真上、のブライダルリング専門店 11時のティータイムへ!